ジジババを安心してつれて行ける!「ゆこゆこ」で思い出を贈ろう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-23-16-00

こんにちは、dadです。今日は、バリアフリーで人に優しい宿をどう探したらいいのか、まとめてみたいと思います。バリアフリーの宿については、大手ホテル予約サイトがいろいろと特集ページを出しているのですが、普段使っていて正直、まだ発展途上という感じがします。そんな中、よくここまで調べ上げ、サイト構築したものだと脱帽モノの中堅ホテル予約サイトがひとつあります。温泉旅館を中心に検索予約サービスを提供している「ゆこゆこ」です。

この予約サイトは、取り扱っている旅館・ホテル数が比較的少ないことから「小回り」が効くのかもしれません。旅館やホテルからとても細かくバリアフリー情報を聞き出し、その情報をもとに「身体に優しい施設検索」という検索サービスを始めているんです。これが使えます。

この「身体に優しい施設検索」のページで、例えば、エリアを選択して、札幌の宿をみてみると、宿1軒1軒について、「エレベーターの有無(または平屋かどうか)」、「イスで食事あり」、「大浴場手すり」などのチェック欄があります。対応しているなら「◯」、一部対応なら「△」、対応なしなら「X」と表示されていて、大変参考になります。

それだけではありません。例えば、札幌の宿の中から「札幌グランドホテル」を選び、個別ページに入ると、もっときめ細かくバリアフリー情報が紹介されています。「館内移動」については、玄関の段差があるかどうか、各館にエレベーターがあるかどうか、情報が出ています。「客室」については、すべての宿泊プランでお年寄りにとって楽でいい洋室か和洋室が用意されているかどうか、洗浄トイレがあるかどうかなどの情報が出ています。こんな感じで、本当にきめ細かく教えてくれているのです。

車イスへの対応についても、客室が対応しているかどうか、館内貸し出しの車イスがどれくらいあるか、車イス対応の共用トイレがどこに何カ所あるか、車イス対応の専用駐車場があって係員が手伝ってくれるか、ロビースタッフがサポートしてくれているのかどうか、など、ていねいに情報提供しています。ここまで情報があれば、安心して選べるのではないでしょうか。

>>ゆこゆこ「身体に優しい施設検索」はこちら

余談ですが、「ゆこゆこ」は、サイトを訪問すると、いきなり、大手ホテル予約サイトにはない不思議な世界に引っ張り込んでくれます。脱力系とでも言いましょうか。まるで温泉に浸かって日常の緊張感から解放されたような、ゆる〜い感じになって癒されます。特集も味があります。個人的に好きなのは、「温泉ふむふむ読本」という特集ページ。これ、すごくおすすめです!

>>ゆこゆこ「温泉ふむふむ読本」はこちら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-0-25-28さて、車イス関連情報については、インターネット版『全国車いす宿泊ガイド』(社団法人全国脊髄損傷者連合会運営)というところに立ち寄ってみるといいかもしれません。ここは情報提供サイトであって、予約まではできないようですが、個々のホテルについて、玄関の段差がどれくらいか、客室の段差がどのくらいかなど、有益な情報を提供してくれています。この情報も参考にしながら、「ゆこゆこ」のサイトで予約決定するというのが、おすすめしたい方法です。

>>「全国車いす宿泊ガイド」はこちら

「ゆこゆこ」は、惜しむらくは取り扱っている旅館・ホテルの数が少ないです。もし、もっと多くの宿の中から選びたい!という場合は、大手ホテル予約サイトのじゃらん.netか楽天トラベルを利用するのがいいかもしれません。

じゃらんも楽天トラベルもバリアフリーの宿について特集ページを出していて大変参考になりますが、私の場合、より多くの宿の中から選びたくて、キーワード検索機能を活用することが多いです。どちらもトップページに検索窓がありますので、ここに「バリアフリー」と打ち込み、検索してみてください。そうすると、全国各地のバリアフリーの宿がドッと出てきます。エリアを絞り込み、気になる宿の個別ページをチェックし、ぴったりの宿泊プランを見つけ出してみてください。

>>じゃらん「バリアフリー」検索結果はこちら

>>楽天トラベル「バリアフリー」検索結果はこちら

さて、次回は特集関連のお話から少し離れ、グーグルマップをホテル検索サイト代わりに使う裏技をご紹介しておこうと思います。この技を知っておくと、ちょっとしたときに便利です。この技を踏まえた上で、次々回、ホテル予約サイトが相次いで出している2017年版の「受験の宿」特集についてまとめてみようと思っています。ぜひ、またお立ち寄りください!