家族の宿

ツインじゃだめ!家族一緒ならコネクティングやフォースルーム!

投稿日:2016年7月23日 更新日:

家族バラバラで泊まりたくない!それなら予約サイトでキーワード検索

スクリーンショット 2016-07-23 19.08.11

こんにちは、dadです。家族や友人など、大勢で旅行に行くとき、シングル、ダブル、ツイン主体のホテルというのは、とっても泊まりづらい感じがしませんか。私も家族旅行では、ツイン2部屋をとり、そこに分かれて泊まることが少なくありません。これって、せっかくの家族旅行なのに、普段よりも家族がバラバラになってしまう感じで、私は好きでありません。

バラバラ感を少しでもなくすために、おすすめしたいのは、コネクティングルームです。ツインルームなどが内側のドアでつながっていて、ドアを開けていれば、一体感があります。あとは、1つの部屋で4人まで泊まれるフォースルームや、宿泊人数はホテルによって違いますが3〜6人くらい泊まれるファミリールーム、それから和室がいいですよね。こうした部屋はどんなふうに予約できるのでしょうか。

予約サイトによっては、コネクティングルームの特集を出しているところもあります。ただ、特集の場合は、それほど多くの地域やホテルをカバーできているわけではありません。そこで、おすすめしたいのは、予約サイトのキーワード検索の利用です。「コネクティング」とか、「ファミリールーム」とか、キーワードを打ち込んで、そのキーワードが使われている宿泊プランだけ取り出すことが、予約サイトによってはできるのです。

いろいろと試してみましたが、キーワード検索サービスがいちばん使いやすいのは、じゃらん.netです。トップページで宿泊の日付を未定にして、「コネクティング」「トリプル」「フォース」「ファミリールーム」「和室」などのキーワードを打ち込んでみてください。宿泊地域を絞り込めば、結構、コネクティングルームなどがずらっと出てきます。家族旅行などであれば、ぜひチェックしておきたいところです。

>>じゃらん トップページはここから

じゃらんと並ぶ大手ホテル予約サイトである楽天トラベルも、キーワード検索ができるようになっていますので、楽天のポイントを集めている人などは、こちらを使ってみてもいいでしょうね。楽天トラベルの「コネクティング」「フォース」「ファミリールーム」「和室」のページをリンク付けしておきます。

>>楽天トラベル コネクティングルーム
 
>>楽天トラベル フォースルーム

>>楽天トラベル ファミリールーム

>>楽天トラベル 和室

こうしたキーワード検索ができない予約サイトでは、詳細検索で部屋のタイプを指定することになります。ただ、部屋タイプの一覧に「フォース」や「和室」はだいたいあるのですが、「コネクティング」はなかなかないかもしれません。

コネクティングルームなどがなくて、ツインルーム2室などを利用するしかないときは、どちらかの部屋をメーンにして集まるしかないですよね、その場合は、メーンになる部屋だけ、デラックスツインなどの少し広めの部屋にすると、集まりやすいかもしれませんね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク



-家族の宿

Copyright© 魔法のホテル予約術 , 2019 All Rights Reserved.