受験の宿

宇都宮大学入試!受験の意外な盲点、ホテル選びのコツとおすすめホテル3選

2021年10月24日

大学受験時の前泊体験談

私は宇都宮大学受験の際に『スマイルホテル 宇都宮東口』を利用しました。宇都宮大学のキャンパスの最寄り駅は陽東キャンパス・峰キャンパスともに宇都宮駅となっているため、アクセスの良さを考慮すると『スマイルホテル 宇都宮東口』のような駅周辺のホテルが良いでしょう。また新幹線を利用し県外から受験に来る方は新幹線の発着駅も宇都宮駅であるため、宇都宮駅周辺のホテルが最も良いロケーションとなります。大学の周囲は商業施設や飲食店、アパートが充実している一方で宿泊施設はほとんどないため、その点でも宇都宮駅周辺のホテルが利用しやすいと言えます。『スマイルホテル 宇都宮東口』ではフロントで事前に指定した時刻にタクシーを呼ぶ事ができ、部屋ではwi-fiが利用可能であるなど受験生が利用しやすいサービスが充実しています。宇都宮駅東口から徒歩8分という立地のためバスを利用することも可能ですが、バスの遅れや乗り場を間違えた際のリスクを考慮するとタクシーの利用がおすすめです。またインスタントコーヒーの無料サービスや低価格での朝食提供など受験前にコンディションを整えられる点も魅力的です。受験当日は朝食会場で制服をきた学生が多く見られたため、よく受験に利用されているホテルと言えるでしょう。『スマイルホテル 宇都宮駅東口』へは宇都宮駅東口から徒歩8分で行く事ができました。平坦な道でホテルの看板が目印となっており、アクセスしやすい立地となっています。受験当日は事前にフロントでタクシーを予約し、当日は時間に余裕を持ちタクシーで大学へ移動しました。ちなみに、私は大学受験の際は前日に一度タクシーで大学まで下見に行きました。前日に余裕を持って現地へ移動し、一度大学までの当日のルートを確認しておくと試験当日を不安なく迎えられます。また自分の志望大学を入試直前に見ておくことによって、試験前日の緊張する気持ちをモチベーションへ変えることもできます。

【受験当日を最高のコンディションで迎える持ち物リスト】

受験前日はもう何も対策をできない、と考えていらっしゃる方も中にはいるのではないでしょうか。試験当日に自分が努力してきたことを発揮するためには、勉強面以外での事前準備も重要になってきます。ここでは、以外にも見落としがちな「受験当日にあると心強いもの」5選をご紹介します。

ホッカイロ 例年宇都宮大学の入試は冬季に行われるため、当日気温が低い事が予想されます。体温が下がると身体の不調にもつながるため、ホッカイロを持っておくと心強いです。

② 自分の好きなお菓子 試験までの待ち時間や休憩時間は、少しでも緊張を解せるように可能であれば小分けのお菓子などを食べることをお勧めします。チョコレートなどであれば参考書の復習をしながらでも食べる事ができます。試験当日はできる限り休み時間を効率的に使い、試験時間外には身体をリラックスさせることも大切です。

目薬 受験当日はいつも以上に緊張するため、目の疲労を感じやすくなる人もいます。また、空調設備のすぐ側の席だった場合、目が乾燥する可能性もあります。そのため、休み時間などに目薬をさすと目の疲れを緩和しリフレッシュできます。

④ 常備薬 普段頭痛や腹痛などの身体の不調が起こりやすい人は、ホテルや受験会場へ薬を持っていくことをおすすめします。薬を持っているというだけで安心感があり、また当日何か身体の不調が起こっても慌てずに対処する事が可能です。

⑤ 使い慣れた文房具やこれまで使ってきた参考書など  最後に、文房具などは現地調達も可能ですが、自分がこれまで使ってきた使い慣れたものを持ってくるのが良いでしょう。参考書などを持っていくと、ホテルでの空き時間や試験の休憩時間を有効に使い試験直前まで対策を行うことができます。これまで努力してきた証として、ぜひ使い慣れたものをお守りがわりに持参してみてはいかがでしょうか。

宇都宮大学受験時におすすめの好条件・好立地なホテル4選

ここからは、現在栃木県宇都宮市に在住する筆者の視点から「宇都宮大学」受験時におすすめのホテルをご紹介していきます。

スマイルホテル 宇都宮東口

最初にご紹介するホテルは、冒頭でも紹介した『スマイルホテル 宇都宮東口』です。JR宇都宮駅東口から徒歩8分でアクセス可能であり、また周辺には飲食店やコンビニがあります。その為、受験前日に滞在するという目的から考えても好立地となっております。大学へのアクセスは、JR宇都宮駅東口のバス停留所より『宇大循環線(右回り)』に乗車後「宇都宮大学前」にて約15分でアクセスが可能です。ホテルのフロントでは前日に指定時刻にタクシーを呼んでもらうことも可能なため、バスの遅延などが心配な場合はタクシーがおすすめです。ホテルには全室Wi-Fiが完備されており、また加湿器の貸し出しなども行われているため前日のコンディションを整えるのにも適しています。『スマイルホテル 宇都宮東口』のおすすめポイントは、なんといっても一名あたり800円で朝食が利用できるという点でしょう。他のホテルの朝食サービスと比較しても、800円という価格は破格であると言えます。レストランは6:30から利用が可能であるため、試験時間までに余裕を持ち食事を取ることができます。また、時間帯を問わず1階ロビーでは無料のインスタントコーヒーサービスを利用することもできます。早めに朝食を取り、部屋でコーヒーを飲みながらゆっくりと当日朝の最終確認をすることができます。朝に確認した内容が試験で出るということは多いため、受験前泊で泊まるホテルは出来るだけ朝の時間を落ち着いて使える場所を選びたいですね。

>>じゃらん スマイルホテル 宇都宮東口

>>JTB スマイルホテル 宇都宮東口(じゃらんや楽天で満室のときはJTBがおすすめ)

ダイワロイネットホテル宇都宮

『ダイワロイネットホテル』へは、JR宇都宮駅東口から徒歩5分でアクセスすることが可能です。大学へは、JR宇都宮駅東口のバス停留所から『宇大循環線(右回り)』に乗車後「宇都宮大学前」での下車で約15分ほどでアクセスできます。バスの乗車運賃は大人一名あたり170円となっており、最も低価格な移動手段となっています。また、JR宇都宮駅東口にはタクシー乗り場があるため、先ほど記載した様な理由からタクシーを利用した移動もおすすめです。ホテル周辺は徒歩5分のJR宇都宮駅内に複数の飲食店やショップがある為、前泊時にも時間を使い易い立地となっています。また宿泊部屋は全室Wi-Fiが完備され接続サポートも付いており、無料でインターネットに接続することが可能です。朝食はホテル内でのレストランで定食が用意されており、大人一名あたり税込1300円という価格帯です。レストランは朝6時から営業しているため、受験の時刻に余裕を持って食事を取ることが可能です。栃木県内の食材を使用しているメニューもあり、栃木県を訪れた記念としても是非利用してみるのはいかがでしょうか。『ダイワロイネットホテル』のおすすめポイントは、客室にPC作業などのデスクワークを快適に行えるワイドデスクとマッサージチェアが備わっている点です。入試直前の確認としてホテルでも教科書や参考書を使った勉強をすることができます。館内には自動販売機や無料で利用できる製氷機もあるため、前日にコンディションを整える場所として適しています。また当日付き添いの親御さんがいる場合、マッサージチェアは長い移動で疲れた身体を癒すのにとても適しています。

>>ダイワロイネットホテル宇都宮 じゃらん

>>ダイワロイネットホテル宇都宮 JTB (じゃらんが満室のときはコチラ)

アパホテル〈宇都宮駅前〉

『アパホテル〈宇都宮駅前〉』へは、JR宇都宮駅東口から徒歩4分でアクセス可能です。大学へのアクセスはJR宇都宮駅東口から『宇大循環線(右回り)』へ乗車し『宇都宮大学前』で下車、またはタクシーの利用となっています。JR宇都宮駅構内にはショップやコンビニなどもあり、ホテル周辺は急な忘れ物などに気づいた際にもすぐに用意できる便利な立地となっています。また、ホテルは全室Wi-Fi接続無料です。朝食として、平日朝6時・土日祝日は朝7時からホテルのビュッフェを利用することができるます。試験当日の体調に合わせて食べる量や食事内容を調節することが可能です。『アパホテル〈宇都宮駅前〉』のおすすめポイントとして、充実したアメニティや動画の無料視聴サービスなど試験前日にリラックスしやすいサービスが多く用意されている点が挙げられます。ヘアゴムや消臭スプレーなどの幅広いアメニティーサービスがあるため、宿泊の際に少ない荷物で済むのは嬉しいですね。また、VODサービスや1階ロビーにあるコーヒーマシーンが無料で利用できるため、前日の緊張をほぐす際にもおすすめの設備が整っています。受験前日はしっかりと睡眠を取り、当日に万全のコンディションで試験で挑むということが直前までできる試験対策です。最後の1日まで合格にこだわっていたいという受験生の皆さんに、ぜひおすすめしたいホテルです。

>>アパホテル〈宇都宮駅前〉じゃらん

>>アパホテル〈宇都宮駅前〉JTB

JR東日本ホテルメッツ宇都宮

『JR東日本ホテルメッツ宇都宮』は、JR宇都宮駅西口から徒歩1分でアクセスできる好立地となっています。当日受験会場へバスで向かう場合、JR宇都宮駅西口と東口よりそれぞれ大学行きのバスが出ています。JR宇都宮駅西口からバスに乗る場合時刻によって行き先が全く異なるため、あらかじめどのバスに乗るのかを調べておく必要があります。西口からバスに乗ることに不安な場合は、JR宇都宮駅東口のバス停留所より出発する『宇大循環線(右回り)』を利用し『宇都宮大学前』で下車することで大学へ行く事が可能です。または、タクシー利用によるアクセスが可能となっています。ホテルは、全室Wi-Fiと有線LANが無料で使用可能となっています。地元食材を取り入れた和・洋食のビュッフェを朝6時30分から利用することができるので、受験当日も時間に余裕を持って食事を取ることができます。試験当日は緊張で食欲がなくなってしまいそう…という方も多いと思いますが、暖かい食事を少量取るだけでも試験中の集中力が変わるので、朝食はしっかりと取っておきたいですね。『JR東日本ホテルメッツ宇都宮』のおすすめポイントは、なんといってもJR宇都宮駅より徒歩1分というアクセスの良さでしょう。加えて、ホテル内に飲食店が複数あるのも嬉しい点です。アメニティはロビーでのセルフサービスとなっており、化粧水や乳液、入浴剤やお茶なども用意されています。ホテル内で早めに夕食を取り、翌日の試験に備えて客室でゆっくりと体調を整えることができます。

>>JR東日本ホテルメッツ宇都宮 じゃらん

>>JR東日本ホテルメッツ宇都宮 一休(じゃらんが満室のときはコチラ)

まとめ:ホテル選びは、受験戦略の一つ

ここまで、宇都宮大学を受験する際におすすめのホテルをご紹介してきました。遠方から受験に来る場合、ホテルは本番前の最終調整やコンディションを整える重要な要素であるということをお分かり頂けたと思います。Wi-Fi設備や朝食など、今回ご紹介した全てのホテルは受験生にとっても良い環境のホテルです。試験直前まで勉強を頑張ってきたにも関わらず、最後に勉強面以外で周囲に遅れをとってしまうという事態は避けたいですよね。そのため、ホテルは入試に余裕を持った日程で予約することをおすすめします。今回ご紹介したホテル選びのコツや受験当日の持ち物リストが、きっと多くの受験生の役に立つことを願っています。受験生とその保護者の皆様、ここまでくればゴールは目前です。最後のホテル選びまでこだわり抜き、入試本番を万全な状態で頑張ってください!

スポンサードリンク



-受験の宿

Copyright© 魔法のホテル予約術 , 2022 All Rights Reserved.